安城市ソフトボール場 A球場

野球場スコアボード(外形W15,000mm以上)

2018年

愛知県安城市

第5回国民体育大会(1950年)でソフトボールが正式競技となり、安城市で開催されたことからソフトボールとは縁の深い安城市。老朽化していたソフトボール専用球場を改修、2018年8月のリニューアルオープン後は「女子ソフトボール日本リーグ」が開催されるなど、日本有数の規模を誇るソフトボール専用球場として活用されています。新たにフルカラーLED化されたスコアボードは、ホームラン時に市のキャラクター「サルビー」が登場する演出で大会を一層盛り上げます。

【外形寸法】W15,500 × H5,000mm(架台除く)
【表示部】W12,800 × H3,840mm(約49.2㎡)
【表示素子】砲弾型フルカラーLED(R1B1G1)
【絵素ピッチ】20mm
【表示内容】チーム名/選手名/審判名/得点/打順・守備位置/BSO・HEFc/球速/テキスト/静止画/動画
【塔時計】ø1,500
※無線操作器あり

■サブスコアボード
【表示部】W2,560 × H1,280mm
【表示内容】チーム名/得点/BSO・HEFc