概要/沿革

学校、病院、駅などの公共施設で使われる設備時計、街を彩るからくり時計、放送局用の専門的な時計から、10,000分の1秒まで計測可能なスポーツ計時計測機器、競技リザルトシステム、大型表示盤、野球場スコアボード、デジタルサイネージ等、すべての製品について、企画・開発から製造・販売・アフターサービスに至るまで総合的に行っています。また、世界陸上などの国際大会で培われた豊富な経験とノウハウ、高度な技術力をベースに、各種スポーツ競技大会のオフィシャルタイマーも務めています。

概要

社名 セイコータイムシステム株式会社
創立 1970年(昭和45年)
資本金 6,000万円
役員
代表取締役社長
大内 裕之
取締役
住田 彰吾
取締役
末永 量三
取締役
山村 和男
取締役
矢田 光永
取締役
大熊 右泰
取締役
金川 宏美
監査役
三上 誠一
監査役
服部 秀生
本社所在地 〒135-8610
東京都江東区福住2-4-3
TEL:03-5646-1601(代表)
FAX:03-5646-1602

アクセス

東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」より徒歩10分
東京メトロ半蔵門線・都営大江戸線「清澄白河駅」より徒歩10分

沿革

1966年
(昭和41年)
株式会社服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)の設備時計販売代理店「五光」として創業
1970年
(昭和45年)
株式会社に組織変更
1984年
(昭和59年)
株式会社五光タイムシステムに社名変更
1990年
(平成2年)
株式会社セイコー シー・エス・ティに社名変更
1993年
(平成5年)
株式会社服部セイコー(現・セイコーホールディングス株式会社)の100%出資会社となる
1997年
(平成9年)
株式会社服部セイコー(現・セイコーホールディングス株式会社)より設備時計の全面事業譲渡を受ける
1998年
(平成10年)
セイコー株式会社(現・セイコーホールディングス株式会社)よりスポーツ計時計測機器の全面事業譲渡を受ける
セイコータイムシステム株式会社に社名変更
2005年
(平成17年)
セイコープレシジョン株式会社より、設備時計・スポーツ計時計測機器事業の製造・保守部門について事業譲渡を受ける
製造拠点である習志野分室を千葉県習志野市に開設
本社を東京都江東区福住に移転
2014年
(平成26年)
セイコーホールディングス株式会社より計時支援業務の事業譲渡を受ける
2015年
(平成27年)
製造拠点を習志野分室(千葉県習志野市)から高塚事業所(千葉県松戸市)へ移転
2017年
(平成29年)
セイコープレシジョン株式会社よりFA関連事業の全面事業譲渡を受ける