トラック競技

スタートインフォメーションシステム付スターティングブロック

  • RM-200

かすかな不正スタートも逃さずキャッチ。

トラック競技

スタート時にスターティングブロックにかかる圧力の変化をセンサーで検出。
選手の反応時間を測定し、不正スタートの判別を行います。

❙ IAAF(国際陸上競技連盟)が主催する世界陸上競技選手権大会など、数多くの世界大会で当システムが採用されています。
❙ スターティングブロックに加わる選手のスタート時の圧力を測定し、選手のスタートのタイミングを1/1000秒単位で正確に測定します。
❙ 選手の体重に関わらず確実に圧力変化を捉えます。
❙ 測定結果はスタータにヘッドセットからの音で知らせます。
❙ 不正スタート検出時は、自動的にオートリコール信号を出力します。

*この不正スタート発見装置付スターティングブロックシステムは、明星大学の横倉三郎氏他3名の発明を基に、セイコーと共同で開発した製品です。

スターティングブロック

外形寸法

W1,069.5×H59×D345mm(突起部除く)

質量

約11kg

コンソール

外形寸法

W730×H1,152×D650mm

質量

約65kg

製品について