多点振分式X線2軸穴明機/多点振分スピンドル選択式X線穴明機

多点振分式X線2軸穴明機 MMX-888Z/多点振分スピンドル選択式X線穴明機 MMX-888ZT

  • MMX-888Z
  • MMX-888ZT

多層プリント基板のスルーホール形成や回路パターンの露光用位置決めガイド穴加工機。指定された穴明け座標との誤差が最小になる座標位置にX,Y方向振分けして高精度な穴明け加工を行います。

多点振分式X線2軸穴明機/多点振分スピンドル選択式X線穴明機

位置決めガイド穴の加工方法

MMX-888Zは、多層プリント基板の2ヶ所のガイドマーク位置をX線により測定し、設計上指定された穴明け座標との誤差が最小になる座標位置にX,Y方向振分けして高精度な穴明け加工を行います。また、X線穴明け機構部を2ユニット搭載し、2軸同時に加工することで高速な加工を行います。加工後の基板は自動的に後方へ排出されます。

MMX-888ZTは、違径ドリル用に2軸追加した計4軸のスピンドルを搭載し、2軸毎に違径ドリルを搭載することで2種類の異なる穴径のガイド穴をドリルを交換することなく同一工程で加工することが可能です。

MMX-888Z、MMX-888ZTともに自動ラインに対応します。

多点振分式X線2軸穴明機 MMX-888Z

穴明け能力

ø6.0mm(MAX)

対応板厚

0.05~3.0mm

画像処理領域

10×10mm(MAX)

ワークサイズ

250×210mm(MIN) 610×710mm(MAX)

軸間距離

X 200~700mm(MAX)

穴明け精度

振分け精度±15μm(MAX)

スピンドル

電動スピンドル(MAX60,000rpm無負荷時)

X線漏洩量

1μSv/h以下

電 源

3ø 200V 5kVA

エアー

0.6MPa、300L/min(標準状態・ドライエアー)

外形寸法

W1,600×H1,700×D2,870mm

質量

約3,000kg

製品について